吉田暁のまいにちがハロウィン

フィットネスインストラクターをしています。が、ドイツ・編み物・製菓etc ベクトルが違う方向を向いています。

豚と毒薬

「今日は何を読もうかなぁ〜」



と、移動中のお供にいつも鞄には何かしらの文庫本サイズのモノをいれてるんですが(岡本太郎太郎率非常に高し!…)


暑い季節になってくると俄然坂口安吾率がアップします


なんでか私の中では坂口安吾さんは夏のイメージがある!


(この本の表紙のせいかもしれません。。笑)
{59901A18-742F-4F40-B183-10265A96D678:01}

あと、「ピエロ伝道者」が強烈過ぎて竹竿やらやらで勝手に夏を想像している感があります流れ星流れ星流れ星


坂口安吾さんの書く文って一筋縄ではいかないと言うか…毒があるのに儚げで、どこかニヤッとしてまうシニカルさがあって…


中毒性ハンパないっす


岡本太郎さんが陽性の陰なら、坂口安吾さんは陰性の陰て感じパー


コイツナニイッテンダ( ̄□ ̄;)的ツッコミは一切受け付けないよビシッ
(キャプテン渡辺風)



「余はベンメイす」の中の大好きな一節でも載せてレッスン行ってきますDASH!DASH!


小説は劇薬ですよ。

魂の病人のサイミン薬です。

病気を根治する由もないが、一時的に、なぐざめてくれるオモチャです。

健康な豚がのむと、毒薬になる。

私の小説を猥セツ文学と思ふ人は、二度と読んではいけない。

あなたの魂自身が、魂自体のふるさとを探すやうになる日まで。

私の小説は、本来オモチャに過ぎないが、君たちのオモチャではないよ。

あつちへ行つてくれ。私は、もう、ねむい。


今年の夏も安吾が熱い!!!晴れ