吉田暁のまいにちがハロウィン

フィットネスインストラクターをしています。が、ドイツ・編み物・製菓etc ベクトルが違う方向を向いています。

シュトゥットガルト!?

さあ!水曜日!
シャフハウゼンからシュトゥットガルトに戻りますよ新幹線後ろ新幹線真ん中新幹線真ん中新幹線前DASH!{16163483-0B69-4E06-A8A6-A92669164C47}
 

今回のシュトゥットガルト最安値の部屋パー
{AF8FBA6C-359C-48E8-AC0F-8DDE62D258E3}

エレベーターがないので3階までスーツケースを運ばなければいけませんが、それ以外は一泊20ユーロとは思えない宿照れ


舞台に150ユーロ出すのは惜しくないけど自分の寝床ならこれで十分ですグッ
清潔でセキュリティもしっかりしてるしキッチンも綺麗です星





さぁ!!いそいそと劇場へ音符
29日と聞いていたので、キャストを確かめずに中へ
{9066C2F2-C984-4760-A834-E7C3342CEB38}

!?


嘘…!?


頭が真っ白になる…


海外の「確実」があてにならないのは薄々心配してましたが、まさかGianMarcoじゃないなんて…アセアセアセアセ


さすがに何回もStageDoorに行くのは…
しつこいと思われたらあかんしなぁ…
{39FD326F-C609-4AA0-9704-161FFBFED9F5}

と終演後一旦は電車に乗ったものの、、、


やっぱり無理!!
このままでは帰れない!!


と引き返して訪れてみました!


扉を開けると…


セキュリティゲートの鏡の向こう側から、一週間前に教えてくださった女性が「入ってこい」と手招きおいでして、事務所に通してくれましたアセアセ


そして…


「彼は1週間の療養に入ってたんだけどまだ具合が良くならないの。今日は代役だったでしょ?」


「明日も…代役の予定なの。」


私が週末に帰国する旨を告げると、舞台監督らしき方に電話をしてくださいました。


5分後時計


「彼の具合は本当に良くなくて病院にいるそうよ。おそらく今週いっぱいは復帰は厳しいだろうって。」


「明日もここに聞きに来てくれていいけど、彼の可能性はかなり低いわ。」


「本当にごめなさい」と、とても丁寧に状況を説明してくれました。


帰りの電車。
気を緩めた瞬間一気に涙が出てきました。


あの最高の舞台を観ることができないなんて!
ていうのはもちろんですが、
GianMarcoがそんな状態だったなんて…
休養前に最後に観た時は全然分からなかった…


誰にもどうすることもできない状況ですし、何よりGianMarcoの体調が心配アセアセ
(話では外科系ではなく内科系のようでした。)


ただ祈るしかできない。
どうしていいか分からずに混乱して涙ぐみながら帰ったら、ドミトリーのルームメイトBukiが励ましてくれました。